烛台切光忠和药研藤四郎的小屋

いろいろ

有关于信长为什么喜欢光忠刀:
その性格からこの”光忠”の持つひときわ目立つ豪壮華麗な作風が信長の嗜好にぴったり符合していたようです。
关于药研:
これも守り刀として、信長が終生手放さなかったもので、『本能寺の変』で被災し、『実休光忠』同様に、豊臣秀吉が焼き直し再刃して所有、その後関白秀次に下賜され、豊臣秀頼に渡り、大坂城落城後に第二代将軍徳川秀忠に献上されたと言われます。
关于实休和药研:
つまりこんな由来話から、『本能寺の変』の時に織田信長が最後まで手元に置いていた愛刀は、刀は『実休光忠(じっきゅうみつただ)』で短刀は『薬研藤四郎(やげんとうしろう)』であるとほぼ断定されています。
及び
そして、信長と最期を共にした愛刀は、その光忠作の『実休光忠(じっきゅうみつただ)』と短刀(脇差)は戦国の梟雄松永久秀(まつなが ひさひで)から取り上げた『薬研藤四郎(やげんとうしろう)』だったと言われています。
来源:http://rekishizuki.com/archives/1216

评论

热度(8)